東北岡谷鋼機株式會社

お知らせ  20210412(月)

 

本日から感染対策を強化し、2班体制(出社とテレワークのチーム分け)でスタートします。

 

 

事務所内の感染対策の更なる徹底と社員全員が日頃から感染防止と拡大を防ぐ意識を持ち、十分に気を配った行動を心掛けることを

 

徹底して参ります。

お知らせ  2021/04/05(月)

 

当社社員の新型コロナウィルスへの感染について

 

4月1日にPCR検査の受診を実施した社員の内、3名が陽性と判明しました。

 

現在当局の指示に従い、自宅またはホテルで療養中です。

 

今後も関係先と連携し、全社をあげて感染拡大防止対策を徹底してまいります。

 

お知らせ  20210401(木)

 

当社社員の新型コロナウィルスへの感染について

 

326日に新型コロナウィルスへの感染が確認された当社社員の濃厚接触者等について、PCR検査の結果3名が陽性と判明しました。

 

また、新たに1名の社員が新型コロナウィルスに感染していることが4月1日に判明しました。この社員は330日帰宅後に体調の違和感を覚え、翌31日の朝、発熱があったため病院でPCR検査を受診、「陽性」と診断されました。現在当局の指示に従い自宅療養中です。

 

当局の判断では当該社員の濃厚接触者に指定された社員は現時点ではおりませんが、一部の社員についてはPCR検査を受診するなどの対応をとっております。

 

 

今後も関係先と連携し、全社をあげて感染拡大防止対策を徹底してまいります。

お知らせ 20210329(月)

 

当社社員の新型コロナウィルスへの感染について

 

当社(宮城県仙台市)に勤務する社員1名が、新型コロナウィルスに感染していることが326日に判明しました。

 

感染が確認された社員は325日帰宅後に体調の違和感を覚え、翌26日の朝、発熱があったため病院でPCR検査を受診、「陽性」と診断されました。現在、当局の指示に従い自宅療養中です。

 

当該社員の濃厚接触者および接触があった一部の社員について当面の間在宅勤務に切り替えた他、事務所消毒を行うなど対処しました。

 

 

今後も関係先と連携し、全社をあげて感染拡大防止対策を徹底してまいります。

 

 

 

 

岡谷鋼機グループは、時代とともに姿を変えながら、お客様が必要とする答えを、提案・創造いたします。

 

 

 

 

当社は1959年(昭和34年)に仙台駐在員事務所として開設され、1998年(平成10年)に岡谷鋼機株式会社 東北支店から分社化し、東北地区における地域密着型の商社として、鉄鋼をメインにシステム建築、機械、工具、配管材、エネルギー関連などさまざまな商材をお客様へお届けしております。

 

現在のグローバル化したビジネス環境の多様化において、新商材の発掘や新規分野の取組等、お客様のニーズに迅速な対応など、頼りがいのある流通としての存在を発揮していきます

 

また、広範囲にわたる東北地区をカバーし、痒いところに手が届く営業活動を中心に「ものつくり企業」への発展と東北現地企業としての機能を充実させ、高炉・電炉メーカーの窓口商社として、親会社の理念である「グローバル最適調達パートナー」を推進し地域にお役に立てる商社を目指します。

 

会社概要

              社長ご挨拶

              会社案内

              沿革

事業内容

   ①鉄鋼・特殊鋼

   ②機械・メカトロ

   ③エネルギー・ガス資材

   ④システム建築

   4つのセグメントで事業展開

グループネットワーク

岡谷鋼機グループを紹介します。

国内グループ会社

国外クループ会社



トピックス

東北岡谷鋼機に関わるニュース

ISO認証取得

ISO 9001(品質)

ISO 14001(環境)

採用情報

  新卒採用、中途(キャリア)

  採用はこちら!

  ※現在 新卒中途採用共に

  募集はしておりません。

社会貢献活動

東北岡谷鋼機の社会貢献活動をご覧いただけます。